title

ローヤルゼリーの効果例2

まだまだあります。ローヤルゼリーの効果について説明していきましょう。

類パロチン

アンチエイジングでも良く取り上げられる肌の悩み、これもローヤルゼリーを活用しましょう。ローヤルゼリーに含まれる、若返りホルモン「類パロチン」の効果で美肌を守ります。

一般に女性の肌機能は23歳ごろにピークを迎えた後、20歳代後半から次第に衰えていくそうです。これは生理的加齢といって誰にでも起こる避けられない変化です。いつもと同じケアなのに、肌の調子がイマイチ良くないと感じている人は肌の加齢が進んでいる可能性があります。そんな、肌の老化には、ホルモンが深く関係しています。

みなさんの体の中で若々しさを保つ働きをしているのが成長ホルモンの1種「パロチン」という成分です。このパロチンは別名「唾液腺ホルモン」といって、生まれてから24歳くらいまでは盛んに分泌されます。また、パロチンは筋肉や内臓などを若返らせる働きを持っていて、分泌が盛んだと、筋肉や内臓、骨、歯など生育発育が盛んになり、いつまでも若さを保ちます。赤ちゃんが「よだれ」は、このために多いのです。

この若返りホルモンであるパロチンの減少が、肌老化が進んでしまう原因の1つだと言われています。ローヤルゼリーにはこのパロチンに良く似た成分、「類パロチン」が豊富に含まれています。細胞の生まれ変わりに、不可欠な税分「類パロチン」があれば、若々しい美しい肌を保つ効果が期待できます。

肌荒れやしみなどにも、肌が生まれ変わるので効果が期待できます。人によって効果が現れるのはさまざまでしょうが、早い人は1週間で、化粧ののりが変化したと実感すると思います。またやけどの治療に、ローヤルゼリーを注射したところ、皮膚細胞が成長するのが従来の治療法による場合より30%早かったと報告したために、化粧品がわりにローヤルゼリーを美容目的で使うことが欧米で流行り出したりもしたそうです。

ローヤルゼリーを摂取することで効果が出ることはもちろんですが、直接肌につけることでダイレクトに美肌効果が期待できます。最近の美容液には類パロチン成分を含んだ生ローヤルゼリーが丸ごと配合されているのもあり、元気をなくした肌に直接アピールさせることを期待しているのです。なかにはお試しセットや、効果が出なかったら60日間の100%の返金保証(たとえ全て使用後でも使い切った後でも返品可能)のサービスが付いている事もあります。これは、効果に絶対の自信がないとできないサービスです。

ローヤルゼリーで、皮膚への栄養を補給することによって、皮膚の若返り、美化効果をもたらし、小ジワ、サメ肌の治療、日焼けの防止、男性のカミソリ負けの予防などにも良いとも言われています。

また、ローヤルゼリーには20代の半ばから衰え始める、肌の生まれ変わりをスムーズのする各種アミノ酸が豊富に含まれています。さらに新陳代謝に必要な、ビタミンB群や美肌効果のあるパントテン酸などなど。ローヤルゼリーが女性の肌にいいとされるのは、このような成分がたくさん含まれているからです。

recommend

Last update:2016/7/8

次のページへ